グループでの会話に入れない人必読!会話に入れてもらえない時の対策3つ!

LINEで送る
Pocket

 

グループでの会話に入れない人必見!人の輪に入れない原因とは!?

2018.09.06

 

前回のこちらの記事では、「グループの会話に入れない主な原因」についてお伝えしました。

 

前回のポイント

  • 場の空気が読めない。話に入るタイミングがわかっていない
  • 人の話にネガティブな反応をする
  • 相づちや反応が下手
  • グループないの人との関係が悪い

 

 

いずれの原因も心あたりがあるものだったのではないでしょうか。

「原因はわかったけど、じゃあ具体的にどうすればいいの?」という声が聞こえてきそうですね。

 

安心してください。今回は苦手なグループ会話を克服する為に、特に重要な3つの対策についてお伝えしましょう。

 

黒助
今回はいよいよグループの会話に入るための対策になります。しっかりと理解してグループの会話を克服しましょう!

 

スポンサードサーチ



グループの会話に入れない時に実施したい対策3つ

それでは早速、会話の輪に入れてもらえない時にどうすれば良いかその対策についてお教えしましょう。

といっても、いきなりいくつもの対策はとれないと思いますので、今回は特に重要な3つの対策についてお教えしましょう。

 

  • 相づちで会話に参加する
  • 人を褒めた後に話をする
  • グループのリーダーと仲良くなる

 

相づちで会話に参加する

グループでの会話でよく難しいと言われるのが、「どう会話に参加したらよいかわからない!」という事。

自分から話すタイミングもわかりにくいですし、どういう話をすれば良いかわかりにくい。

 

そんなあなたに教えておすすめしたいのが、

 

ズバリ相づち!

 

えっ相づち?と思われるかもしれませんが、これかなり有効です。

具体的には、話をしている人に合わせて以下の相づちを使ってみてください。

 

  • さすがですね
  • 知らなかったです、実力ですね
  • 素敵ですね、すごいですね
  • センスが良いですね、絶対
  • それはすごいですね、そうですね

 

これらは有名なあいづちの「さしすせそ」と呼ばれるもので、とりあえずこの相づちを使いこなせればあなたの相づちはかなりうまくなります。

また、相づちをしている時に気をつけるべきポイントは、以下の3つ。

 

  • 話している人の目を見る
  • 相手の気持ちを予想して相づちする
  • うなずきながら相づちをする。できれば相手のアゴとこちらのアゴの動きを合わせる

 

どれも基本的な内容でありながら、うまく使いこなせるかどうかであなたの印象はずいぶんと違います。

ぜひやってみてください!

 

人を褒めた後に話をする

次に話に入るタイミングの話です。グループの会話に入るベストなタイミングは他の人の話がひと段落したら。

 

そして、一番良い入り方は、直前に話をしていた人を褒めながら話に入ること

 

といわれてもよくわからないよ!というあなたに、AとBさんが会話している所に入る時の例を紹介しましょう。

 

 

同僚A
先週末はずっと家にいて暇だったよー。
同僚B
そうなんだ、僕は先週末は彼女のリクエストでディズニーランド行ったんだけど疲れたよー。
同僚A
へー。ディズニーかー。いいね。

※同僚Aさんがあまり乗り気ではないのでこのタイミングで会話に入ることにする。

自分
Bさんディズニーですか!彼女さんをディズニーに連れて行くって素敵な彼氏さんですね!人多くて大変だったんじゃないですか?
同僚B
いえいえ、そんなに良い彼氏じゃないよー!確かに人が多くて疲れたけど、彼女のためだからねー。
自分
いや、すごいですね。彼女さんは良い彼氏さんがいて幸せものですね!

 

 

こちらの例のように褒めながら話に入る事によって、話している相手に不快感を与えずに話に参加できます。

 

話し手を褒めながら話に入る。

 

これ、覚えて置いて下さい。

 

グループのリーダーと仲良くなる

最後の対策は、

 

話に入りたいグループのリーダーや仕切っている人と仲良くなること。

 

リーダーと明確に決まってない事も多いですが、グループでの会話を観察すると「必ずその話を仕切っている人」、「場をコントロールしている人」がいます。

 

ずばり、リーダーとの関係がそのグループとの関係なるということ。

 

リーダーと良い関係築いていれば他のメンバは、あなたを受け入れてくれますし、リーダーが話を振ってくれたりして、かなり楽にグループでの会話に入れるようになります。

 

具体的な方法としては、まずはリーダーとなるべく一対一で会話する機会を増やして、仲良くなる事。

ここでも、相手の話をしっかり聞く、相手をほめることに集中して下さい。

 

最後に

 

今回お教えした内容に加えて、苦手なグループ会話を克服するためにおすすめしたいのが、

 

「会話術」を学ぶこと。

 

スポーツと一緒で会話もそのコツや基本を知っているかどうかで、上手いか下手かに差が大きくでるものです。

一度会話の基本を徹底的に学べば、自分の会話に自信がつき、その結果、グループ会話への苦手意識がなくなるという事。

 

具体的にどうやって会話術を勉強すればいいの?というあなたに、基本的にはあなたが合うなと思う本や教材であれば何でもいいとは思いますが、真剣に短期間で確実に人に好かれたい、会話術を学びたいという方向けに2つの教材をおすすめします。

 

文字を読むのが好き、文字のほうが頭に入りやすいというあなたにはこちらをおすすめします。

たった90日で身につける人に好かれる会話術とは!?

 

文字よりも動画で勉強したい、音声で勉強したいというあなたにはこちらが良いでしょう。

最短7日間から効果がある会話術とは!?【動画で説明】

 

私もこれまで変な教材やセミナー・スクールをインターネットでいくつも購入しましたが、この2つはかなり効果があります。

違いは、文字で勉強したいか音声・動画で学びたいかですね。

どちらも返金保証付きで、ノーリスクですし。

 

人って面白いもので、本当に変われる人は少しの可能性でも見えれば色々な事に試しますが、変われない人はそうやってネガティブな事を言い続けて何も変わらずに一生を終えるという事です。

会話力は一生使えるスキルなので、あなたが真剣であれば、できるだけ早いうちに試す事をおすすめします。

 

まとめ

 

いかかがでしたでしょうか、今回は、「グループの会話に入れない時の対策」をお伝えしました。

 

今回のポイント:グループの会話に入れない時の対策

  • 相づちで会話に参加する
  • 人を褒めた後に話をする
  • グループのリーダーと仲良くなる

 

 

今回お教えした方法はそんなに難しいものではないものも多かったと思います。

ただし、理解しているのと実施できるのには大きな壁があります。まずは、一歩ずつ理解した内容を実施して行くことが大切ですよ。応援しています。

 

今日はここまで、それではまた次の授業でお会いしましょう!

黒助

 

⇓どうしても人に好かれる方法を知りたい方はこちら⇓

 

ブログランキングに参加しています。もしよろしければこちらから応援して下さい!

 


日記・雑談ランキング

 

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

 

LINEで送る
Pocket

スポンサードサーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です