人見知りの原因ってあるの?大人でも人見知りの特徴と原因とは!?

LINEで送る
Pocket

 

人見知りで初対面の人と話すのが苦手。

大人になってからも人見知りが治らず苦労している。

人見知りで、人と知り合いになる事に抵抗がある。

 

あなたもこんな悩みを抱えていませんか?

私も二十代前半は人見知りで、初対面の人と話すのが嫌で嫌でたまりませんでした。

 

でも、大人でも人見知りの人って結構多いです。

実際、あるアンケートでは、「20-40代の7割が自分は人見知りだと思っている。」という結果が出たほどです。

 

でも、案外人見知りの原因や特徴などを正しく理解している人って少ないです。

そこで今回は、「人見知りの原因と特徴」についてお教えしましょう。

 

黒助
社会人になると人との出会いも多く、ほんと人見知りだと損ばかりですよね。

でも、まずは人見知りの原因を理解することで、人見知り克服につながりますよ!

 

スポンサードサーチ



人見知りの人の特徴

 

それではまず、人見知りの特徴についてお教えしましょう。

 

  • コミュニケーションに苦手意識
  • ネガティブ
  • 警戒心が強い
  • 傷つきやすい
  • 自分の評価が低い
  • 暗い
  • 大人数の会話が苦手
  • 積極的でない
  • 恥ずかしがりや

 

この中でも、人見知りに特に多いのが傷つきやすい人と自分の評価が低い人。

あなたはいかがでしょうか?自分に当てはまる特徴が無いかよく考えて見てくださいね。

 

人見知りの原因

 

それでは次に、人がなぜ人見知りになってしまうかについてお教えしましょう。

 

  • 人見知りの原因は恐怖心、警戒心
  • 恥をかきたくないという感情が強い 

 

人見知りの原因は恐怖心、警戒心

 

まず最初にお伝えしたいのが、

 

人見知りの原因とはズバリ、人と話す事に対する恐怖心と警戒心!。

 

あなたが人見知りだとして、初対面の人と話すのが嫌だなーと感じている時はたいてい、会話がうまく行かない状況や、会話で失敗して恥ずかしい思いをする状況を、無意識のうちに想像しているはずです。

 

そして、それらの状況に対しての恐怖心や警戒心から、人と話したくないという感情が生まれ、人見知りになってしまい人とうまく話せないというようになるわけです。

逆に、何度も会話してなれている人であれば、自分が会話で失敗しないこと、失敗しても笑われない事を無意識に理解しているため恐怖心や警戒心は生まれずに、抵抗なく話せると言うこと。

 

別の言葉で言うと、会話についての過去の辛い経験、恥ずかしい経験から、嫌な経験をしないための自己防衛本能が働いて、人と話さない事を選ぶ、すなわち人見知りになるわけです。

 

恥をかきたくないという感情が強い 

 

先ほどお伝えしたとおり、人見知りとは嫌な状況を回避するための防衛本能と言うこと。

 

その中でも特に強い感情が、

 

恥をかきたくないという感情。

 

そして、そのもっと奥にあるのが、自分の弱さや非を認めたくない気持ち。

 

つまり人見知りとは、恥をかきたくないという気持ちから発生している現象。

ても、あなたはなぜ恥をかきたくないのでしょうか?

 

人から笑われて仲間外れにされるのが嫌?

もちろんこの感情もあると思いますが、一番強い気持ちは、自分の弱さを認めたくないという感情。

 

だって、もし自分自身になんのプライドもなく、話して笑われるのが当たり前と思っている人であれば、恥をかいても気にしませんよね?

恥をかいても気にする、恥をかきたくないという思うのは、自分は人から笑われる人間ではない、上手くやれる人間だ、自分は失敗する人間ではないという気持ちを無意識に持っている人。

 

そんな気持ちが強いからこそ、人前で恥をかきたくないと思うわけです。

 

逆に人見知りをしない人、恥をかいても気にしない人は、自分でこんなもんだ!ともともとの期待値が低かったり、自分の弱さを認めている人が多いです。

自分自身と向き合って、自分が弱い人間、失敗する人間という事を受け入れている人は、人前で恥をかいても気にしないし、その結果としては、人見知りもしません。

 

いや、そんなことはない!自分に自信は全くないという人に限って、心の奥では高いプライドを持っていることが多いのが現実。

自分とよーく向き合ってみて、自分が人見知りになる時、初対面の人と話すのは嫌だなーと感じる時に、どんな感情を持っているかを考えてみてください。

 

最後に

 

それでもやっぱり、人見知りを克服したいけど、どうすればいいかわからない!というあなたにおすすめしたいのが、

 

「会話術」を学ぶこと。

 

会話術を学んであなたの会話力が上がれば、1対1の会話ではもちろんのこと、グループ会話でも格段に話が盛り上がります。

そうなると、周りの人はあなたと会話をしたくなり、あなたの周りに人が集まるわけです。

人に好かれるようになれば、自然と人見知りも克服できるという事。

 

具体的にどうやって会話術を勉強すればいいの?

と思うあなたに、私からのアドバイスは「あなたにあった方法ならどんな方法でもいい」ということ。

 

ただし、あなた真剣かつ短期間で会話術を学びたいという方向けにはこちらの教材をおすすめします。

たった90日で身につける人に好かれる会話術とは!?

 

実績がある教材を使ったほうが独学に比べて体系的かつ網羅的に学べますよね。

私もこれまで変な教材やセミナー・スクールをインターネットでいくつも購入しましたが、この教材はかなり効果があります。

返金保証付きで、ノーリスクですし。

 

悩んだらまずやってみましょう。この程度の投資で、給料が今よりも数倍になるのであればやらない手はないですよね。

 

 

まとめ

 

いかかがでしたでしょうか、今回は、「人見知りの原因と特徴」をお伝えしました。

 

今回のポイント

  • 人見知りの原因
  • 人見知りの原因は恐怖心、警戒心
  • 恥をかきたくないという感情が強い

 

今回お教えした内容の中に、あなたが当てはまることもあったのではないでしょうか。

当てはまったからと言って、悲しむ必要は全くありません。

 

逆に、人見知りの原因に気づけただけで、あなたは運がいいです。

後は、これを克服するだけ。そして、必要なのは一歩進む勇気!

 

勇気があればあなたは必ず変われます。応援しています。

 

今日はここまで、それではまた次の授業でお会いしましょう!

黒助

 

⇓どうしても人に好かれる方法を知りたい方はこちら⇓

 

ブログランキングに参加しています。もしよろしければこちらから応援して下さい!

 


コミュニケーション・会話ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 話し方・聞き方へ
にほんブログ村

 

LINEで送る
Pocket

スポンサードサーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です