人見知りって遺伝?人見知りになる原因とは?

LINEで送る
Pocket

お悩み人A

子供の頃からずっと人見知りで、初対面の人とうまく話ができない。

人見知りが治らなくて仕事でも苦労している。

人見知りってやっぱり遺伝なの?

 

ほとんどの人が、一度は人見知りになる時期がありますが、大人になっても人見知りが治らず、悩んだり、苦労している人って結構多いですよね。

私自身も、20代前半は人見知りがひどく、知らない人とは話したくないという状況でしたが、新入社員になりたての頃は嫌でも人と話をしなければいけない事が多く、精神的に非常につらかったのを覚えています。

 

でも、人見知りの原因ってなにかについてあまり考えた事がない人が多いのではないでしょうか?

そこで今回は、「人見知りの原因」についてお教えしましょう。

 

記事の信憑性
これまで500冊を超えるコミュニケーションに関する和書・洋書を読破し、コミュニケーション関連のサミナーにも参加し、合計で100万を超える投資をして知識を身に着けています。

また、ITプロジェクト・マネジャーとして日本人、外国人問わず様々な相手とコミュニケーションをこなし数々のプロジェクトで成功してきた経験を元にした情報になります。

実際、その実績がコミュニケーション力が認められ30歳で年収1000万を超える収入を得ています。

 

スポンサードサーチ



人見知りの原因

 

人見知りの原因の話に入る前に、考えて欲しいのが、人見知りとは何かという事。

 

大抵の人が、人見知りと聞くとネガティブな印象を持っていますよね。

でも、実は人見知りは人間の防衛本能から来るもので、あなたを守るためのものなんです。

 

例えば、シマウマがライオンを見たら逃げますよね。これも本能で、ライオンの顔や形が怖いものという認識があるため、本能で危険を察知できるわけです。

人見知りもこれと同じで、自分が知らない人や母親以外の人を判断して、知らない人つまりは危険な人に関わらないように本能でインプットされているわけです。

 

ただ、現代において、様々な危険は減っている為、本来であれば必要がない人見知りが、私のまだ本能に残っている為、時々邪魔をしてしまうという事。

なので、無理に人見知りを嫌う必要はありませんが、うまく付き合う方法を理解するのは大事ですよね。

 

それでは、早速、人見知りの主な原因ですが、以下の3つと言われています。

 

  • 生まれつきの性格
  • 家庭内環境
  • 友達との人間関係

 

人見知りの原因1:生まれつきの性格

 

大抵の人が、人見知りの原因として思いつくのが生まれつきの性格(遺伝子)。

一般的には人の性格の半分は生まれつきのものといわれていて、大人になっても人見知りな人は、人見知りになりやすい遺伝子を多く持っています。

 

例えば、私自身は二卵性双生児なのですが、同じ家庭で同じように育ちましたが、双子のもうひとりとは、今やっている仕事も、性格も、趣味もまるで違っています。

両親や祖先から受け継いだ遺伝子が少しずつ違う為、こういった違いが出てくるわけです。

 

人見知りも同じで、人見知りになりやすい性格を持って生まれると大人になっても人見知りになりやすいわけです。

 

人見知りの原因2:家庭内環境

 

次の原因が、育った家庭がどんな家庭だったかという事。

具体的には、育った家庭の家族構成や文化、両親の教育方針や価値観で、性格も変わってきます。

 

例えば、母親以外の人(兄弟や祖父母など)と接する機会が少ない子供や兄弟がいない一人っ子は、人と接する経験が少なく、コミュニケーション力が低かったり、人見知りする性格になりやすいと言われています。

これは、生まれ持った性格だけでなく、育った家庭環境に影響を受けているわけです。

 

人見知りの原因3:友達との人間関係

 

最後の原因は、友達との人間関係。

 

性格に影響を与えるもう1つ大事な要素として、学校などの家庭外での友達との人間関係があります。

例えば、たまたま学校で友達になった人が社交的で良い人間関係を築くことができれば、あなたも社交的な性格になれる可能性が高いですが、友達ができなかったり、仲良くなった人があまり社交的でなければ、やはり人見知りをしてしまうでしょう。

 

また、学校でいじめにあったり、人間関係でトラウマがある人は、傷つくことを恐れて人見知りをしやすいとも言われてます。

このように、家以外の環境でどのような人とどういう人間関係を築く事ができるかも、あなたの性格に大きな影響を与えているわけです。

 

人見知りのあなたに知って欲しい事

 

最後に、人見知りで悩んでいるあなたに知っておいて欲しい事は、人見知りは大人になってからでもある程度治すことができるという事。

実例では、先程お伝えしたとおり、私自身も結構な人見知りでした。

でも、このままではだめだという思いを持ってからは、色々と自分なりに努力をして、今では何十人の人を前に話ができるようになりました。

 

私の経験から、人見知りを治す上で一番重要な事は、小さな成功体験を積んで自分に自信を持つこと。

成功を経験することで、知らない人と話すことは危険ではないと、体に覚え込ませるわけです。

 

そして、この成功を経験していく上で一番手っ取り早いのが、

 

「会話術」を学ぶこと。

 

一度会話の基本を徹底的に学べば、自分の会話に自信がつき、その結果、会話への苦手意識がなくなります。

その結果、知らない人とも会話ができるようになり、成功体験も増えるという事。

 

具体的にどうやって会話術を勉強すればいいの?

と思うかもしれませんが、私からのアドバイスは「あなたにあった方法ならどんな方法でもいい」ということ。

 

ただし、あなた真剣かつ短期間で会話術を学びたいという方向けにはこちらの教材をおすすめします。

たった90日で身につける人に好かれる会話術とは!?

 

実績がある教材を使ったほうが独学に比べて体系的かつ網羅的に学べますよね。

私もこれまで変な教材やセミナー・スクールをインターネットでいくつも購入しましたが、この教材はかなり効果があります。

返金保証付きで、ノーリスクですし。

 

悩んだらまずやってみましょう。この程度の投資で、給料が今よりも数倍になるのであればやらない手はないですよね。

 

 

まとめ

 

いかかがでしたでしょうか、今回は、「人見知りの原因」をお伝えしました。

 

今回のまとめ
  • 人見知りの主な原因は以下の3つ
    • 生まれつきの性格
    • 家庭内環境
    • 友達との人間関係

 

大事なのは始めの一歩を踏み出す勇気と継続する力!あなたなら絶対変われます!

 

応援しています。

 

今日はここまで、それではまた次の授業でお会いしましょう!

黒助

 

ブログランキングに参加しています。もしよろしければこちらから応援して下さい!

 


コミュニケーション・会話ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 話し方・聞き方へ
にほんブログ村

 

LINEで送る
Pocket

スポンサードサーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です