新人が職場のコミュニケーションが苦手な原因4選

LINEで送る
Pocket

 

会社に入って数カ月経つが、いまだに職場でのコミュニケーションに苦手意識を感じる。

先輩との会話がうまくいかず気まずい。

同僚とうまくコミュニケーションが取れておらず気まずい思いをしている。

 

あなたもこんな悩みを抱えていないでしょうか?

私も経験がありますが、新人時代は仕事についていけないだけでなく、人間関係での悩みを抱える人が多いですよね。

 

実際、入社数カ月で精神面で疲れる人が結構います。

ただ何が原因かを正しく理解できている人は少なく、ただストレスが貯まるだけで状況が良くならないと悩んでいる人が多いのが現実。

 

そこで今回は、「新人が職場のコミュニケーションが苦手な原因」についてお教えしましょう。

 

黒助
先輩とのコミュニケーションがうまく行かないことはよくありますが、うまく行かない原因がわからないままでは、状況は良くなりません。今回お教えする内容をしっかりと理解してくださいね!

 

スポンサードサーチ



新人が職場のコミュニケーションが苦手な原因

 

それでは早速、新人が職場のコミュニケーションが苦手な理由についてお教えしましょう。

 

  • 先輩や上司の話を理解できない
  • 学生気分が抜けていない
  • ビジネスでのコミュニケーション方法を理解していない
  • 雑談ができない

 

先輩や上司の話を理解できない

 

まず最初の原因は、

 

職場で先輩や上司の話を理解できていない事。

 

これは当たり前のことではありますが、コミュニケーションの基本として相手の話を理解する事がかなり重要です。

 

なぜなら会話はキャッチボールと一緒で相手の話を理解せずにこちらが話したい内容だけ話をしていても話は噛み合いませんし、あなたの話し相手は自分の話を聞いてくれないと感じてしまいます。

相手の質問や話を理解してから、自分の話をするもしくはコメントする事が非常に重要になるということ。

 

新人時代は、仕事で使われる用語はもちろん過去の経緯や背景等がわかっておらず周りの先輩たちに比べて圧倒的に情報量が不足している状況。

そんな状況では人の話を理解しずらいのは当たり前ですよね。

 

学生気分が抜けていない

 

次に考えられる原因としては、

 

学生気分が抜けていない事。

 

大学生活は人生の夏休みと言われ、気の合う仲間と旅行に言ったり遊んだりして色々と楽しい事が多いです。

そして多くの新人が悩むのがこの大学生活と社会人生活のギャップでしょう。

 

正直に言って大学生活は非常にヌルい事が多く、そこから一気に厳しい社会人の環境に切り替わるため、ついていけない人が多いということ。

 

特に学生時代にサークルのリーダーだったりボランティアをやっていて自分に自信がある人に多いのですが、学生時代のノリでなんでもできると思い込んで仕事をしたり、職場でコミュニケーションをする人がいますが、ほとんど通用しません。

なぜなら、社会人は圧倒的に高いレベルが求められるし、競う相手が違うから。学生では競う相手はせいぜい同世代の同じような大学生ですが、社会人では社会人歴が数十年のベテランや経験豊富な人と競い合うわけです。

 

学生ノリで戦って叶うわけがありませんよね。

 

ビジネスでのコミュニケーション方法を理解していない

 

続いての原因は、

 

ビジネスでのコミュニケーション方法を理解していない事。

 

先程の原因と似ているのですが、普段あなたがするコミュニケーションとビジネスで求められるコミュニケーションの方法は違います

具体的には、普段のコミュニケーションは起承転結のような山あり谷ありのストーリー重視のコミュニケーションが良しとされますが、ビジネスではNGです。

 

職場でのコミュニケーションはまず結論をいってから具体例や理由を説明するという流れが好まれます。

なぜなら会社では忙しい人が多く、少しでも効率的にコミュニケーションをする必要があるからです。

 

雑談ができない

 

続いての原因は、

 

先輩や上司と雑談ができない事。

 

学生時代に人と話すのが得意だった人でも、社会人になると急に雑談ができなくなる人が多いです。

でもそれはある意味仕方がなく、年齢が一回りも二回りも違えば共通点や育った環境が違うのが当たり前で、話そうにも共通した話題やネタがなく話が続かない事が多いです。

 

話が続かなければ雑談も少なくなり、先輩や上司とのコミュニケーションが減るわけです。

また、共通した話題がない以外にも単純に年上の人と話す事になれていない人も多いです。

 

こういう人は自分の両親くらいしか年上と話した経験があまりなく、どのようにコミュニケーションをとればいいのかわかっていない人が多いです。

 

最後に

 

コミュニケーションが苦手な原因は理解したけれど、克服するために具体的にどうすればいいのか?という疑問をお持ちのあなたにおすすめしたいのが、

 

「会話術」を学ぶこと。

 

スポーツと一緒で会話もそのコツや基本を知っているかどうかで、上手いか下手かに差が大きくでるものです。

会話も基本を理解できていなければ、人との話が噛み合わないし、うまくいかないという事。

 

相手の立場になってみればわかりますが、会話が下手な人とわざわざ会話しようとは思いませんよね。

逆に言えば、会話力を上げて人と話せるようになるだけで、苦手意識を克服できる可能性がぐっと高くなるという事。

 

具体的にどうやって会話術を勉強すればいいの?

と思うあなたに、私からのアドバイスは「あなたにあった方法ならどんな方法でもいい」ということ。

 

ただし、あなた真剣かつ短期間で会話術を学びたいという方向けにはこちらの教材をおすすめします。

たった90日で身につける人に好かれる会話術とは!?

 

実績がある教材を使ったほうが独学に比べて体系的かつ網羅的に学べますよね。

私もこれまで変な教材やセミナー・スクールをインターネットでいくつも購入しましたが、この教材はかなり効果があります。

返金保証付きで、ノーリスクですし。

 

悩んだらまずやってみましょう。この程度の投資で、給料が今よりも数倍になるのであればやらない手はないですよね。

 

 

まとめ

 

いかかがでしたでしょうか、今回は、「新人が職場のコミュニケーションが苦手な原因」をお伝えしました。

 

今回のポイント

  • 先輩や上司の話を理解できない
  • 学生気分が抜けていない
  • ビジネスでのコミュニケーション方法を理解していない
  • 雑談ができない

 

今回お教えした原因について心当たりがあったのではないでしょうか?

そんな時は、悲しむのではなく「いま原因がわかって良かった!」とポジティブな意識を持つようにしましょう。

 

状況は変えられないですが、その状況をどう捉えるかはあなたでコントロールすることができます!

勇気があればあなたは必ず変われます。応援しています。

 

今日はここまで、それではまた次の授業でお会いしましょう!

黒助

 

⇓どうしても人に好かれる方法を知りたい方はこちら⇓

 

ブログランキングに参加しています。もしよろしければこちらから応援して下さい!

 


コミュニケーション・会話ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 話し方・聞き方へ
にほんブログ村

 

LINEで送る
Pocket

スポンサードサーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です