職場で好かれる人、嫌われる人の違いとは!?

LINEで送る
Pocket

 

職場で何故かいつも好かれる同僚がいる、一方で自分はなぜか嫌われている。

こんな悩みをお持ちの方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

 

人間、誰もが人に好かれたいと思うもので、職場で人に嫌われると仕事がはかどらないだけでなく、職場に行く気すら無くなりますね。

その気持ちよーく気持ちわかります。私も最初の職場では同僚に好かれておらず、いつも人に好かれている人に、嫉妬心を持ったのを覚えています。

 

でも、ただ好かれる人に嫉妬するだけでは、状況はまったく変わりませんし、あなたが好かれることもないですよね?

そんな時には、好かれる人と嫌われている自分の違いは何なのかを考える事で、人に好かれる為のヒントを得ることができます。

 

そこで今回は、「職場で好かれる人と嫌われる人の違い」についてお教えしましょう。

 

黒助
人に好かれたり、嫌われたりするのはやはり違いがあるからです。今回お教えする内容を正しく理解すれば、今よりも更に人に好かれるようになれますよ!

 

スポンサードサーチ



職場で好かれる人と嫌われる人の違い

 

それでは早速、職場で好かれる人と嫌われる人の違いについてお教えしましょう。

 

  • 雑談に積極的かどうか
  • 自分のよりも相手の事を考えられるか
  • 人の話を聞けるか

 

雑談に積極的かどうか

 

まず最初の違いは、

 

雑談にどれだけ積極的になれるかの違い。

 

好かれる人は、自分から積極的に雑談をする。

嫌われる人は、雑談を避けようとする。

 

好かれる人と嫌われる人にはこんな違いがあります。

でも、雑談って意味ないでしょ?と思ったあなたその時点で、人に好かれる為のコツを理解していません。

 

雑談は、人間関係を築く上での鍵といっても過言ではないくらい重要なもの。

人と仲良くなる時に必要なのは、お互いの話をして、お互いの事を知り合う事。そして、同じ時間を過ごすこと。

 

でも、職場では仕事の話がメインになりますし、仕事では利害関係があるため、必ずしも人間関係を築くための会話ができるわけではありません。

そこで、人と仲良くなるために使えるのが雑談。

 

人に好かれる人は、雑談の大切さを理解しており、雑談をするタイミングも非常に良いです。

そして、毎日の雑談を積み重ねる事で、同僚と良い関係を築いて、みんなに好かれているという事。

 

一方人に嫌われる人は、雑談は避け、職場では基本的に仕事の話しかしたくないという態度。

相手からすると、そんな態度の人を好きになる理由はないですよね。

 

自分よりも相手の事を考えられるか

 

次に大事な事は、

 

自分のことだけでなく、相手の事を大切にできるか相手を思いやれるか。

 

好かれる人は、相手がどう思うか、どう感じるかを常に考える。

嫌われる人は、自分がどう思うか、どう感じるかを常に考える。

 

という違いがあります。

これは当然の事ですが、人間は自分の事を思いやってくれる人、考えてくれる人の事を好きになります。

人に好かれない人はこれをきちんと理解していない人が多いです。

 

もし、あなたが人に好かれたいのであれば、まず、自分から人の事を好きになること、相手を大切にすること!!

理解していなければ、今から頭に叩き込んでください。

 

人に好かれる人は、自分の事よりも相手の事や相手がどう感じるかを常に気にしている人が非常に多いです。

そんな意識を持っていれば、相手を考えた行動ができるため、結果として人に好かれても当然ですよね!

 

あなたも自分はどうか考えて見てください。もしかしたら自分に意識、矢印が向いてないでしょうか?

 

人の話を聞けるか

 

最後の違いは、

 

話し相手の話をちゃんと聞けているかどうか。

 

そして、好かれる人と嫌われる人の違いは下記の通り。

 

好かれる人は、相手の話を最後まで聞く。

嫌われる人は、途中で自分の考えを話しはじめる。

 

人は自分の話を聞き出してくれる人、話をきちんと聞いてくれる人を好きになりやすい生き物です。

なぜなら、話を聞いてくれるイコール自分の事を気にしてくれていると感じる事ができるから。

 

人に好かれる人はほんとうに聞き上手です。

 

相槌や受け答えが上手いだけでなく、相手の話をきちんと最後まで聞いて、適切なコメントや質問をする。

そうすると話し相手は気持ちよくなって、この人と話すのは楽しいなという気持ちが生まれ、結果としてその人の事を好きになるという事。

 

一方で、嫌われる人は、話し相手の話を遮って、自分の話をしたり、勝手にアドバイスをしたりします。あなたも経験があると思いますが、話を遮られるって本当に不快。

相手はそんな人と話す事が苦痛になり、結果として嫌いになるわけです。

 

人の話を正しく聞けるかどうかは、人に好かれるかどうかに大きく影響しているという事。

 

最後に

 

それでもやっぱり、人に好かれるにはどうすればいいかわからない!というあなたにおすすめしたいのが、

 

「会話術」を学ぶこと。

 

会話術を学んであなたの会話力が上がれば、1対1の会話ではもちろんのこと、グループ会話でも格段に話が盛り上がります。

その結果、周りの人はあなたと会話をしたくなり、あなたの周りに人が集まるわけです。

 

会話を学ぶことは、一見遠回りに見えて、近道という事。

 

具体的にどうやって会話術を勉強すればいいの?

と思うあなたに、私からのアドバイスは「あなたにあった方法ならどんな方法でもいい」ということ。

 

ただし、あなた真剣かつ短期間で会話術を学びたいという方向けにはこちらの教材をおすすめします。

たった90日で身につける人に好かれる会話術とは!?

 

実績がある教材を使ったほうが独学に比べて体系的かつ網羅的に学べますよね。

私もこれまで変な教材やセミナー・スクールをインターネットでいくつも購入しましたが、この教材はかなり効果があります。

返金保証付きで、ノーリスクですし。

 

悩んだらまずやってみましょう。この程度の投資で、給料が今よりも数倍になるのであればやらない手はないですよね。

 

 

まとめ

 

いかかがでしたでしょうか、今回は、「職場で好かれる人と嫌われる人の違い」をお伝えしました。

 

今回のポイント

  • 雑談に積極的かどうか
  • 自分のよりも相手の事を考えられるか
  • 人の話を聞けるか

 

今回お教えした内容は、それほど珍しいものではなく、一度は聞いた事があるような内容だったかもしれません。

でも、人に好かれるか嫌われるかちょっとした事がきっかけで、小さな違いの積み重ねが、今の状況を作り出しているという事。

 

いきなり全てを自分の物にするのは難しいかもしれませんが、一つずつ、自分のできることからやっていく事で、必ず今よりも人に好かれるようになりますよ!

大事なのは始めの一歩を踏み出す勇気と継続する力!あなたなら絶対変われます!

 

応援しています。

 

今日はここまで、それではまた次の授業でお会いしましょう!

黒助

 

⇓どうしても人に好かれる方法を知りたい方はこちら⇓

 

ブログランキングに参加しています。もしよろしければこちらから応援して下さい!

 


コミュニケーション・会話ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 話し方・聞き方へ
にほんブログ村

 

LINEで送る
Pocket

スポンサードサーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です