人と話すのが苦手になった人必読!苦手になった原因とは!?

LINEで送る
Pocket

 

「昔はもっと簡単に人と話せたのに今はハードルが高い。。。」

「最近、昔と比べて人と話すのが苦手になったなー。。。」

「あれ、会話ってこんな疲れたっけー。。。」

 

と感じることはありませんか?

 

なんとなく「人と話すが難しくなった」、「苦手になったと感じる」というのはわかるものの、その原因がイマイチわからないなんて事があると思います。

私自身も、一時期コミュニケーションが苦手になった時期があって、会話のスランプに悩んでいたものです。

 

今回は、そんなあなたに「人と話すのが苦手になった原因」についてお教えします。

 

黒助
「人と話をするのってこんなに難しかったかなー。」と気がついたら人と会話するのが苦手になっていた事ってあるんじゃないでしょうか。

ただ、その原因を理解している人は少なく、なんとなく苦手意識をもったままなのではないでしょうか。

でも苦手になった原因を正しく理解する事で得意だったあの頃にも戻れますよ!

 

スポンサードサーチ



人と話すのが苦手になったと感じる原因

 

それでは、会話するのが苦手と感じるようになった原因についてお伝えします。

 

人と話すのが苦手になった原因①:人と話をする機会が減った

 

まず最初の原因は、

 

単純に、人と話す機会が昔と比べて減った事。

 

是非、会話が得意だったなーという時を思い出してもらいたいのですが、そんな時は今と比べ人と話す機会が多かったはずです。

例えば、「昔は外回りが多く、毎日のようにお客様と話していた」とか、「入社したての頃はいつも新しい人と出会って色々と話をしていた」という形です。

 

それが、最近は同じ部署や周りにいる人としか話をしなくなり、人と話す機会が結構減ったはずです。

また、昨今はメールやSNSの普及によって、人と直接話をする機会がかなり減ってきています。

 

一度会話ができた経験があると、いつまでも人と話すのが得意と思うかも知れませんが、これは大きな間違いです。なぜなら、、、

 

会話力は筋肉と一緒でトレーニングしなくなると下手に(弱く)なっていくから。

 

会話力も筋肉と一緒で、使わなくなればなればなるほど力が落ちてくるし、下手になります。

これはいろんな事に通じる事で、社会人になると学生時代と比べて計算力は確実に下がりますし、

 

英語力も、一度うまくなっても使い続けなければ下手になります。

そのため、人と話す量と話すスキルは比例しており、話す機会の不足が会話力低下に影響しているのです。

 

人と話すのが苦手になった原因②:環境の変化(話す相手が変わってきた)

 

次の原因としては、、、

 

自分を取り巻く環境が変化した場合

 

職場では、自分を取り巻く環境が刻々と変化します。

自分が昇進して、部下を持つようになる。部署異動で今まで接してこなかったような人達と一緒に仕事をするようになるといった変化です。

 

一見、「話す事」はどんな環境でも使える普遍的なスキルのようですが、実は話す相手によって話がうまくいくかどうかは、結構違ってきます。

何故なら、人によって、好きな話の流れや、興味のある話題が違い、同じ話をしてもあなたの話し方次第で相手に伝わるかどうかが変わるからです。

 

例えば、40代の管理職男性にはまず、結論を話すことを望まれますが、20代の女性にはまずは相手の共感を得てから本題に入るといったように、相手によって話を重視するポイントが違ってきます。

また、もちろん世代が違えば共通の話題が変わったり、価値観が違うため、自分ではいつもどおりに話していてもうまく噛み合わないとなるわけです。

 

そのため、昔は話し上手だった人でも、今まで話をあまりしなかった種類の人と話をすると、これまでの話し方では通用せず、最近、人と話すのが苦手になったと思うようになります。

 

人と話すのが苦手になった原因③:苦手になったと思い込みで悪循環に入っている

 

最後の原因は、、、

 

苦手になったという意識があなたの話し方に悪い影響を与えている事。

 

先に述べた経験が少なくなった事、環境が変わって話相手が変わった事から、あなたは、

 

「人と話すのは問題ないと思っていたが、実は苦手だったんだ。」といった事を考えるようになります。

 

そして、一度この苦手意識が植え付けられるとなかなか取り除く事はできません。

実際には本当はそんなに苦手ではないのに、この苦手意識が邪魔をして、人と話をする時に、無駄に緊張したり、相手の反応を過剰に気にするようになります。

 

まさに、負のスパイラル。

 

この状態に陥ると何をしてもうまくいかないような気がしてきて、これまでは問題なく話ができていた人との会話もうまくいかなくなったりします。

 

参考:【完全保存版】仕事の飲み会で使える話題・ネタ!2018!

 

そんなあなたに考えて欲しい事

 

人と話すのが苦手になった原因についてある程度分かったら、次にやって欲しい事が、

 

もう一度会話ができるようになるために会話術を勉強する事。

 

スポーツでも音楽でも同じですが、ある分野で短期間で上達したければ、その方法を知ること。

会話も同じで、またうまくなりたいのであれば、自己流で勉強するのではなく、その道のプロに会話術を学ぶことが最短。

 

具体的にどうやって会話術を勉強すればいいの?

と思うあなたに、私からのアドバイスは「あなたにあった方法ならどんな方法でもいい」ということ。

 

ただし、あなた真剣かつ短期間で会話術を学びたいという方向けにはこちらの教材をおすすめします。

たった90日で身につける人に好かれる会話術とは!?

 

実績がある教材を使ったほうが独学に比べて体系的かつ網羅的に学べますよね。

私もこれまで変な教材やセミナー・スクールをインターネットでいくつも購入しましたが、この教材はかなり効果があります。

返金保証付きで、ノーリスクですし。

 

悩んだらまずやってみましょう。この程度の投資で、給料が今よりも数倍になるのであればやらない手はないですよね。

 

まとめ

 

いかかがでしたでしょうか、今回は、「人と話すのが苦手になった原因」をお伝えしました。

 

今回のポイント:人と話すのが苦手になった原因

  • 人と会話する機会が減った
  • 自分を取り巻く環境の変化が原因
  • 自己嫌悪に陥り、負のスパイラルに入っている

 

今まで自分の会話力に自信があった人程、急に人とうまく話ができなくなった事にショックを受け、どんな人と話をしてもうまくいかないようなに気になります。

ただ、よく原因を分析してみると、あなたのせいではない事も多いです。

 

やはり大事なのは、何が昔と今で違うのかを冷静に分析して、その対策を考える事です。

「どうすれば昔のように話ができるようになるのか」の対策につきましては別記事でお教えしますので、乞うご期待。

 

今日はここまで、それではまた次の授業でお会いしましょう!

黒助

 

⇓人との会話の苦手意識をなくしたいと思う方はこちら⇓

 

ブログランキングに参加しています。もしよろしければこちらから応援して下さい!

 


日記・雑談ランキング

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

 

 

LINEで送る
Pocket

スポンサードサーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です