コミュニケーションが苦手な原因!人とコミュニケーションをとるのが苦手な人必見!

LINEで送る
Pocket

 

人とコミュニケーションをとるのが苦手!

職場の同僚との会話が苦手!

なぜコミュニケーションができないかイマイチ理解できない!

 

こんな悩みをお持ちの方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?

実際、あるアンケートでは、約7割の社会人がコミュニケーションが苦手!、と考えているという結果が出たそうです。

 

でも多くの人がそんな苦手なコミュニケーションを克服したいと考えているでしょう。

そして、問題を解決する時にまず必要な事は、原因を理解すること。

 

そこで今回は、「コミュニケーションが苦手な原因」についてお教えしましょう。

 

黒助
今あなたが、人とコミュニケーションを取るのが苦手でも大丈夫です!まずはしっかりと原因を分析して、次のアクションに活かしましょう!

 

スポンサードサーチ



コミュニケーションが苦手な原因

 

それでは早速、コミュニケーションが苦手な原因についてお教えしましょう。

 

  • 自己愛が強い
  • 他人に優しくできない
  • 自分に自信がない
  • コミュニケーションが少ない環境で育った

 

 

自己愛が強い

 

最初も原因は、

 

自己愛が強い事。

 

コミュニケーションが苦手な人を観察してみると、人の話をあまり聞いていない人が多いです。

人の話がちゃんと聞けなければ、相手の話を理解できず、うまく話が噛み合わない!となるわけです。

 

そして、この人の話を聞けていない理由が、自分以外の人に興味がない事。

自分への愛が強すぎて、自分以外の人の話は聞いても意味がない、価値がないと考えてしまうわけです。

 

こういう自己中心的な考えを持っていると、コミュニケーションしていても、周りの人と話が噛み合わず、コミュニケーションって難しい、苦手と感じるということ。

 

特にまずいのは、自己中心的な考えになっている事に全く気がついていない人。

自分で自分が自己中心的な考えになっている事に気がつかないせいで、いつまでたっても、状況はよくなりません。

 

他人に優しくできない

 

次の原因は、

 

他人に優しくできない事。

 

コミュニケーションの鍵は一言で言うと、話し相手への思いやりです。

コミュニケーションが上手な人は、相手をどれだけ楽しませることができるかを常に考えており、どうやったら相手から喜ぶかを理解してコミュニケーションをとっているということ。

 

そんなコミュニケーションをされれば、もちろん相手も楽しくなるわけでさらにコミュニケーションがうまく行くわけです。

一方で、コミュニケーションが下手な人は、他人や話し相手を思いやる余裕がなく、常に気持ちの矢印が自分に向いており、全ての主語が「あなた」ではなく「私」になっています。

 

その結果、自分にとって良いか悪いかという基準でしか判断をせず、自己中心的なコミュニケーションになると言う事。

 

自己中心的な考え方になる理由はいくつか考えられますが、自分への愛が不足していて、人に優しくする余裕がないから。

こういう人は、自分自身を好きになれなかったり、自分に厳しい人が多く、いつまで立っても自分を受け入れて愛することができない状況に陥っています。

 

なので、自分を愛せない限り、他人にも優しくできず、結果としてコミュニケーションが苦手なままということ。

 

自分に自信がない

 

次の原因は、

 

自分に自信がない事。

 

コミュニケーションが苦手な人の中で、コミュニケーションを失敗するのが嫌だ!怖い!と考えている人が多いです。

コミュニケーションとは本来は楽しいもので、人と通じ会える唯一の手段で、他では味わえない喜びを感じることができるもの。

 

そして、コミュニケーションが上手い人は、一つ一つのコミュニケーションを楽しんでいます。

楽しんでいることが相手にも伝わり、結果として、コミュニケーションの質が上がるわけです。

 

逆に、コミュニケーションに自信がなく、苦手意識を持っていたり、恐怖心を持っていると、コミュニケーション中に気まずい雰囲気になったり、話が噛み合わなかったりして、上手くコミュニケーションができない!となるわけです。

 

では、自分に自信が持てない理由は何でしょうか?

それは、人による!が答えですが、多くの人の場合は下記が理由になっています。参考にしてみてください。

 

  • 小さい頃から、失敗ばかりで成功体験がない
  • 家族から褒められたことがない
  • 友達にいじめられたり、否定されたりした
  • 過去に自分が大事にしていることで、大きな失敗をした

 

コミュニケーションが少ない環境で育った

 

最後の原因が、

 

家族や友達とコミュニケーションが少ない環境で育った。

 

子供時代、青年時代はあなたが思っている以上に大切で、小さい頃にどんな人とどれだけのコミュニケーションをしたかで、今のあなたのコミュニケーション力が決まっていると言っても過言ではないでしょう。

なので、もしあなたが、下記のような環境で育った場合は、コミュニケーションそのものの経験が他の人と比べて不足している可能性が高いということ。

 

  • 両親が共働きなどで家におらず、いつも一人で過ごしていた
  • ひとりっ子で兄弟がいない
  • 学校に仲の良い友達がいなかった
  • いつも家でゲームばかりをしていて、外で友達と遊ぶ機会が少なかった

 

コミュニケーションもスポーツや勉強と一緒で、やればやった分だけ上達しますが、経験がなければだれでも出来ないものです。

もし、あなたがコミュニケーションの経験が不足しているのであれば、まずは少しずつコミュニケーションの機会を増やすことが鍵になるということ。

 

最後に

 

コミュニケーションが苦手!というあなたにおすすめしたいのが、

 

「会話術」を学ぶこと。

 

会話術を学んであなたの会話力が上がれば、1対1の会話ではもちろんのこと、グループ会話でも格段に話しやすくなり、周りの人はあなたとの会話が楽しくなるでしょう。

その結果、あなたの事を今よりももっと好きになるわけです。

 

具体的にどうやって会話術を勉強すればいいの?というあなたに、基本的にはあなたが合うなと思う本や教材であれば何でもいいとは思いますが、真剣に短期間で確実に人に好かれたい、会話術を学びたいという方向けに2つの教材をおすすめします。

 

文字を読むのが好き、文字のほうが頭に入りやすいというあなたにはこちらをおすすめします。

たった90日で身につける人に好かれる会話術とは!?

 

文字よりも動画で勉強したい、音声で勉強したいというあなたにはこちらが良いでしょう。

最短7日間から効果がある会話術とは!?【動画で説明】

 

私もこれまで変な教材やセミナー・スクールをインターネットでいくつも購入しましたが、この2つはかなり効果があります。

違いは、文字で勉強したいか音声・動画で学びたいかですね。

どちらも返金保証付きで、ノーリスクですし。

 

人って面白いもので、本当に変われる人は少しの可能性でも見えれば色々な事に試しますが、変われない人はそうやってネガティブな事を言い続けて何も変わらずに一生を終えるという事です。

会話力は一生使えるスキルなので、あなたが真剣であれば、できるだけ早いうちに試す事をおすすめします。

 

まとめ

 

いかかがでしたでしょうか、今回は、「コミュニケーションが苦手な原因」をお伝えしました。

 

今回のポイント

  • 自己愛が強い
  • 他人に優しくできない
  • 自分に自信がない
  • コミュニケーションが少ない環境で育った

 

こうやってコミュニケーションが苦手な原因を考えて見ると、直接コミュニケーション力とは関係ない事が、根本原因になっている事がわかります。

一見、コミュニケーション以外の問題に解決に取り組むのは遠回りなようで、近道だったりするという事。

 

どれも簡単な問題ではないですが、問題を認識できたのであれば、後は解決に向けて進むだけです!

大事なのは始めの一歩を踏み出す勇気と継続する力!あなたなら絶対変われます!

 

応援しています。

 

 

今日はここまで、それではまた次の授業でお会いしましょう!

黒助

 

⇓どうしても人に好かれる方法を知りたい方はこちら⇓

 

ブログランキングに参加しています。もしよろしければこちらから応援して下さい!

 


コミュニケーション・会話ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 話し方・聞き方へ
にほんブログ村

 

LINEで送る
Pocket

スポンサードサーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です