仕事の人間関係で疲れた人必見!仕事の人間関係を良くする方法!

LINEで送る
Pocket

 

仕事の人間関係に疲れた。

仕事の人間関係を良くしたいけど、どうすればいいかわからない。

仕事での人間関係が上手くいっておらず、職場に行くのがつらい。

 

こうした、職場の人間関係についての悩みを持っている人は多いと思います。

人間はもともとは悩みはつきない生き物ではありますが、職場で過ごす時間は多く、

 

職場の人間関係は死活問題といえます。

 

そのため、多くの人が日々職場の人間関係に悩んでいるでしょう。

もちろん私もその一人で、今でこそほとんどの職場で良い人間関係が築けますが、昔の職場での人間関係は正直に言って最悪。

 

でも、振り返ってみて言えるのは自ら動いて人間関係を良くしようとした職場でしか、良い人間関係は出来ないという事。

逆に自分次第で、職場の人間関係は、良くも悪くもなるといえます。

 

そこで今回は、「仕事の人間関係を良くする方法」についてお教えしましょう。

 

黒助
毎日長い時間を過ごす同僚。せっかくなら、良い関係を築きたくないですか?

今回はそのためのコツをお教えしましょう。

 

スポンサードサーチ



仕事の人間関係を良くする方法

 

それでは早速、仕事の人間関係を良くする方法について、お教えしましょう。

ちなみに、今回お教えする方法は、

 

相手が同僚でも、

上司でも、

お客様でも、

使える方法なので、色々な人に試してみてくださいね!

 

  • 挨拶をする
  • 人の名前を呼ぶようにする
  • 聞き上手になる
  • 人の気持ちを理解する
  • 約束は必ず守る

 

挨拶をする

 

まず最初のコツは、

 

挨拶をしっかりする事。

 

あなたは毎日仕事相手、仲間に挨拶をしていますか?

自身を持ってイエス!と言えない人も多いのではないでしょうか。

 

私もいろいろな職場で働いてきましたが、昨今は、文化の変化からか、

挨拶をしない、もしくは挨拶に反応しない人が増えてきています。

 

でもこれって本当はもったいない事で、挨拶は人間関係を作っていく上で、非常なものという事。

 

例えば、挨拶をすることで同僚との雑談を、始めることができるし、

爽やかな挨拶で相手に好印象を与えることができます。

 

また、何よりも、挨拶は相手の存在を認識している、相手を気にしている事を示す手段になります。

逆に、挨拶をされないと、自分の事を無視されている気になりますよね?

 

結構ささいな事に思えるかもしれませんが、こういった積み重ねは本当に重要!

 

人の名前を呼ぶようにする

 

次のコツは、

 

話し相手の名前を呼ぶようにする。

 

日本語は面白い言語で、主語を略して話しても上手く行くという言語です。

そのため、多くの人が相手の名前を呼ぶことなく話をしていますが、これは非常にもったいないです。

 

だって、人は自分の名前を呼ばれることが大好きだから。

どんな人でも、自分の名前を呼ばれると、急に反応したり、気がついたりできます。

 

これは、人間は自分の名前に注意を向けるという本能があるから。

そして、自分の名前を読んでくれる相手に対して、

 

この人は自分の名前を覚えてくれている。

 

と本能で感じて、名前を読んでくれる人に好意を持つわけです。

また、相手の名前を呼ぶことで、相手の注意を自分に向けることができるので、自分の話を聞いてくれるというメリットもあると言うこと。

 

聞き上手になる

 

次のコツは、

 

聞き上手になる事。

 

人の話を聞く事、これは人間関係を良くする上で、一番重要といっても過言ではないくらい大事な事。

 

私も多くの人から、人と仲良くなるのが上手いと言われますが、

はっきり言ってその理由は、単純に聞き上手だから。

 

人って本当に話すのが好きで、自分の話を真剣に聞いてくれる人が大好きです。

なので、もしあなたが聞くスキルを身につければ、同僚に好かれても当然といえば当然と言うこと。

 

それでは、どうやったら聞き上手になれるかですが、いくつかのポイントをお教えしましょう。

 

  • 相手の話は絶対に否定しない。
  • 同意はしなくていいが、共感はする
  • 相手の話を遮らない、止めない
  • 勝手にアドバイスはしない(99%の人は悩み相談と言っていてもアドバイスは求めていない)
  • 結論や答えを求めない、話を聞くこと自体に集中する

 

一つずつ試してみてください!

 

人の気持ちを理解する

 

次のコツは、少し難易度が高めだが、できるようになればかなり効果があります。それは、

 

人の気持ちを理解するように意識する事。

 

超能力者でもない限り、人の思考を完全に理解するのは不可能。

ただし、人の中には比較的、人の気持ちを理解できている人がいて、

 

こういう人は、たいてい良い人間関係を作っているということ。

なぜなら、人は自分の気持ちや考えを理解してくれる人が好きだから。

 

いきなり気持ちを理解するのは無理でも、少しずつ相手の立場に立ったらどうだろうか、どう感じるだろうかを考える事。

このクセをつけることが出来れば自然と人の気持ちが読めるようになりますよ!

 

約束は必ず守る

 

次のコツは、

 

人との約束を守ること。

 

意外とできている人がいないのが、約束を守ること。

ここで言う約束とは口約束とか小さい約束も含みます。

 

例えば、廊下であった同寮と今度ランチ行こうねー、という話になったりするかと思いますが、実際に行動する人は結構少ないです。

でも、こういう約束を覚えていて、ちゃんとランチに行けるかどうか。

 

小さい事ですが、こういうことの積み重ねが信頼関係を作るということ。

なので、あなたも口約束でも約束したら必ず守りましょう。

 

逆に言えば、守れない約束はしないほうがいいという事。

 

最後に

 

今回お教えした内容に加えておすすめしたいのが、

 

「会話術」を学ぶこと。

 

会話術を学んであなたの会話力が上がれば、1対1の会話ではもちろんのこと、グループ会話でも格段に話しやすくなり、周りの人はあなたとの会話が楽しくなるでしょう。

その結果、あなたの事を今よりももっと好きになり良い人間関係を築けるわけです。

 

具体的にどうやって会話術を勉強すればいいの?

と思うかもしれませんが、私からのアドバイスは「あなたにあった方法ならどんな方法でもいい」ということ。

 

ただし、あなた真剣かつ短期間で会話術を学びたいという方向けにはこちらの教材をおすすめします。

たった90日で身につける人に好かれる会話術とは!?

 

実績がある教材を使ったほうが独学に比べて体系的かつ網羅的に学べますよね。

私もこれまで変な教材やセミナー・スクールをインターネットでいくつも購入しましたが、この教材はかなり効果があります。

返金保証付きで、ノーリスクですし。

 

悩んだらまずやってみましょう。この程度の投資で、給料が今よりも数倍になるのであればやらない手はないですよね。

 

 

まとめ

 

いかかがでしたでしょうか、今回は、「仕事の人間関係を良くする方法」をお伝えしました。

 

今回のポイント

  • 挨拶をする
  • 人の名前を呼ぶようにする
  • 聞き上手になる
  • 人の気持ちを理解する
  • 約束は必ず守る 

 

繰り返しになりますが、もしあなたが今よりも、同僚との関係を良くしたいと考えているのであれば、一番の解決策は、

 

あなたが変わること、動くこと。

 

残念ながら、この世の99%の人は文句を言うだけで、自分では動きません。

なので、あなたが動かなければ状況は変わりません。

 

もし頑張っても結果出なかったらどうしよう。

そう考える前にとりあえずやりませんか?

 

どうせ一度の人生です。

どうせ駄目なら、やるだけやった方が良くないですか?

 

大丈夫。あなたならきっとできます。

 

大事なのは始めの一歩を踏み出す勇気と継続する力!

一緒に頑張りましょう。

 

応援しています。

 

今日はここまで、それではまた次の授業でお会いしましょう!

黒助

 

⇓どうしても人に好かれる方法を知りたい方はこちら⇓

 

ブログランキングに参加しています。もしよろしければこちらから応援して下さい!

 


コミュニケーション・会話ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 話し方・聞き方へ
にほんブログ村

 

LINEで送る
Pocket

スポンサードサーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です